神奈川県綾瀬市|サーモスタット・自動車部品・住宅設備・宇宙機器
・ベローズの設計、製造、販売の「富士精工 株式会社」

会社について

沿革

1947(S22)静岡県富士市にて設立、金属ベロ-ズの製造販売を開始。
1951(S26)株式会社に改組し、資本金100万円とする。
1953(S28)東京都品川区戸越に工場を新設、本社及び工場を移転するとともに研究施設を新設、技術陣の拡充強化を図る。
1961(S36)資本金2,000万円に増資。神奈川県大和市に相模工場を新設、ベローズ及びベローズ応用製品の量産体制を確立。
1963(S38)資本金5,000万円に増資。米国スタンダード・トムソン社との合弁により富士トムソン㈱を資本金2,000万円で設立。
1967(S42)静岡県富士市にて資本金500万円で富士精器㈱を設立。
1969(S44)神奈川県綾瀬市に富士トムソン工場を新設、ワックス型サーモスタット量産工場とする。
1970(S45)資本金6,250万円に増資。
1974(S49)富士精器㈱長岡工場を新設。
1976(S51)富士トムソン㈱資本金を12,000万円に増資。
1985(S60)筑波工場をOA機器・真空機器専用工場として新設。
1992(H4)経営合理化のため本社を神奈川県大和市の相模工場内に移転し、東京工場を閉鎖。
1997(H9)資本金8,125万円に増資。
1999(H11)業務の効率化及び競争力強化のためグループ三社(富士精工・富士トムソン・富士精器)合併。
資本金10,125万円に増資。
2005(H17)資本金10,000万円に減資。
2011(H23)ベトナムに富士精工ベトナム有限責任会社を設立
2016(H28)経営合理化のため、本社を綾瀬事業所内に、営業部・技術開発部を営業技術センターに移転。
スマートフォンサイトへ